KNOW ITロゴ

ノイットで"なりたい"自分を見つけよう

就職応援団!!

第1章 働くがわかる

4. 就職は3+1種類

4-1 基本的な3つの就職の種類と大切なプラス1

  • 就業イメージ

    就業 業界・業種に就く

    「就業」とは、この業界、業種に就職したいといった具合に業界・業種を決めて、その中から会社と職種を選択していきます。

    例)福祉系、金融系、マスコミ など

  • 就社イメージ

    就社 会社・ブランドに就く

    「就社」は、具体的にメーカー名やブランド名で会社を選んで就職します。

    例)トヨタ自動車、NTT など

  • 就職イメージ

    就職 職業・職種に就く

    「就職」は、自分がやりたい職種を選んで、会社選択をし就職します。

    例)経理事務、営業、品質管理 など

knowit

以上3種類が通常の就職です。この3種類は、入社後の配属決めで自分が意図するところでない仕事になるケースがほとんどで、早期離職の原因の一つです。

ところが、就職には、もうひとつ一番大切な種類があります。

就役割イメージ

就役割

人には、持って生まれた「役割」があります。

例えば、
・「依頼を受けたら確実にやる」役割
・「効率よくやる」役割
・「社内の雰囲気を和らげる」役割
など

この役割は、どの業界、どの会社、どの仕事に就こうが変わりません。

周りも周知する「役割」です。この役割を押さえる、理解することで、自分に自信を持って仕事に就くことができます。

学生の間に、自分は何の役割になるのかを考え、見つけて下さい。自分の中に芯を作って下さい。「これで良いんだ」と思える「軸」を。

もし、わからないようなら、自分に近い人からの声を思い出して下さい。友人、親、兄弟、担任の先生など。あなたの身近な人が、必ずあなたの特性について語っているはずです。それを思い出して下さい。

knowit