KNOW ITロゴ

ノイットで"なりたい"自分を見つけよう

就職応援団!!

第1章 働くがわかる

2. 学生と社会人の違い

2-1 アマチュア、プロ?

学生の働くは「アマチュア」、
社会人の働くは「プロ」です。

Click!

学生と社会人では、会社から求められる内容は同じに見えても、厚み、重み、価値、期待、待遇などが違います。

社会人にとっての働くは、企業の第一線、即戦力になるわけです。責任を持たされますが、会社からの期待が大きいです。結果を出せば、評価を得、給料や賞与に反映されます。役職が上がり部下を持つようになります。

プレイヤーとしての仕事をこなすところから、チーム運営が加わります。チームプレイは個人では生むことの出来ない成果、結果を出すことが可能です。ところが、一人でもマイナス人材がいるとマイナスに引っ張られチームが崩れてしまう。リーダーは部下育成などマネジメントをしながら結果を生みます。

キャリアアップ(階層が上がる)する毎に、業務内容の範囲が広まり、難易度も上がりますが、一度にステップアップするのではなく、段階を踏みながら上がっていくので、ソフト・ハード両面に対するマインド(意識)とスキル(技能)の両者が成長します。生きがい、働きがいを感じる瞬間です。