KNOW ITロゴ

ノイットで"なりたい"自分を見つけよう

就職応援団!!

第2章 自分がわかる

自分を知ることで思い通りの就活を

5 自分にあった「いい仕事」とは?

「キャリアのたな卸し®」で「生まれ育ち」の面から、そして「コミュニケーションタイプ」で、「一般的な傾向」の面から、自分のことを考えてきました。

最後に、仕事を選択していくとき、どのように考えればいいのかみていきましょう。

自分に最適な仕事を考えるとき、「自分にできること(CAN)」「自分がやりたいこと(WANT)」「自分が(人から)望まれていること(NEED)」の3要素を考えてみます。この3つすべてを満たす仕事があればベストです。

「いい仕事」イメージ

「できること」と「やりたいこと」はある程度自分で判断が付くと思いますが、ここで考えてみてほしいのは、「望まれていること」です。

例えば、親から「家の仕事を継いでほしい」と望まれているとか、教授から「こういう仕事が合ってるんじゃないか?」と言われたとか、バイト先から「このまま就職してくれないか」と声を掛けられた・・・ などなど

周りの人から期待され、望まれている仕事があるとしたら、そしてその人が、あなたのことを思ってくれている人なら、その言葉を真摯に考えてみることです。周りの人は、あなたを客観的に見て、適性を考えてくれています。自分にはわかっていない一面を見出してくれているかもしれません。

大事なことは、これらの要素を偏ることなく検討し、自分の心の声を聴いてみることです。

働く年月は大変長きにわたります。成人してからの、人生の大きなウエイトを占め る時間となります。

納得し、本気で取り組むことのできる仕事に出会うことは人生の大きな幸福のひとつだといえるでしょう。

そのためにも、しっかり自分と向き合い、自分を理解する努力を惜しまないことです。

それでもわからなかったり、迷ったりしたら、いつでも助けてくれる先輩たちがいることも忘れないでください。

例えば、弊社は「安田ゼミ」という勉強会を開いて就活生を応援しています。キャリア教育のパイオニアで、教員・経営者の指導まで行い、自らも企業経営者である代表:安田真浪(やすだ・まなみ)が、実践的に個別に相談を受け付けます。

「キャリアのたな卸し®」も安田が考案したものですので、自分のことを相談したい、もっと人の意見を聞きたい、さっぱりわからない(笑)・・・という人は、ぜひ一度「安田ゼミ」に遊びに来てください。何か必ず得 るものがあると思いますよ!