KNOW ITロゴ

ノイットで"なりたい"自分を見つけよう

就職応援団!!

第2章 自分がわかる

自分を知ることで思い通りの就活を

1 なぜ自分を知る必要があるの?

自分を知るイメージ

社会に出ると、本当に様々な人と出会います。

「へぇ~、こんな人もいるのか!」と驚くことがよくあります。人は驚くほど多様です。

その多様さゆえにコミュニケーション手段(言葉、ジェスチャー、表情など)を発達させたといえますね。

いままでは学校の中で、決まった人たち、気の合う友達とだけ付き合っていればよかったし、気の合わない人とは付き合わなくてよかったでしょう。

しかし、社会に出ると、付き合う人を選ぶことはできません。そんなとき、自分のことをよく知っていると、自分の能力をうまく使うことができますし、チームの役に立つこともできます。

つまり、自分を活かすことができるのです。

しかし、自分のことがよくわからないと、苦手な仕事を選んでしまったり、自分のことだけでいっぱいいっぱいになったりして、周りに迷惑をかけてしまいます。すると、自信がなくなったり、余裕がなくなったり・・・人との関係がうまくいかなくなり、人の輪にうまく入れない状況に陥ります。

これはすべて「自分がわかっていない 」ことが原因です。

このように、「自分がわかる」ことは、社会に適応し、社会で役に立って、受け入れられるためにとても大事な大前提となるのです。

この先、就活を通じて自己イメージにぴったりの、納得感のある仕事を得て、仕事を通じて自己が活かされていると実感でき、幸福感を味わえる・・・

そんな仕事に出会うことができたら、 とても幸運なこ とですね。

それは偶然出会うものでしょうか?

いいえ、そういう仕事には「自分を知って、自分を活かそうとした」人だけが巡り会えるのです。

さあ、自分と向き合う勇気を持ちましょう!